ブラウザで JavaScript はどのように有効にするのですか

JavaScript は当初、その知名度は限定的なものでした。しかし、ウェブ開発スキルが過去数年で大幅に向上したことで、その利用度も変化し、今は充実した時期にいます。今日、JavaScript は、ウェブとは独立したものとなっており、ほとんどのインターネットブラウザは、その実行に専用エンジンを実装しています。

JavaScript は、ウェブ上で使用する優れたテクノロジーです。お使いのブラウザに表示されるすべてのウェブサイトで無効にすることはお勧めできます。人気のウェブサイトのほとんどは Java がベースとになっていますが、これにより JavaScript を利用してインタラクティブ機能を実行し、快適なユーザー体験を楽しめることになります。

JavaScript を無効にすると、お使いのブラウザは、ディスプレイ広告や動画、オーディオなどのインタラクティブエレメントを実行または表示なくなります。ただし、JavaScript を有効する方法が簡単であることが、救いです。ほかに、JavaScript を完全にオフにするのではなく、サイトごとに無効にする方法もあります。 

そのため、お使いのブラウザで JavaScript を無効にし、もう一度有効にする場合も、当社はすぐにサポートします。このガイドブックを利用することで、ほとんどの一般利用されている5つのブラウザで、お客様は JavaScript を有効にすることができます。これ以外に、JavaScript とは何か、JavaScript を使用する目的、JavaScript で何ができるかについても案内します。

あなたのブラウザーではJavaScriptは有効になっています。JavaScriptを無効にすると、この文章は変化するでしょう。

ウェブ開発者用説明書

このサイトをリンクして、スクリプトが無効なユーザーに対して、使用頻度の高い6つのブラウザで JavaScript を有効にする方法を教えることを検討するのがよいでしょう。下のコードを使用することで、必要に応じて、その修正を自由に行うことができます。

<noscript>
 このサイトが完全に機能するには、JavaScript を有効にする必要があります。
 以下は、 <a href="https://www.enablejavascript.io/">
 お使いのウェブブラウザで JavaScript を有効にする方法の説明</a>.
</noscript>

enablejavascript.io により、 スクリプトが無効なユーザー体験をできるかぎり最適化します。

  • お使いのブラウザについての説明は、ページ上部にあります。
  • イメージはすべて、見やすいように、フルサイズにして一列に並べてあります。

当社では、お客様の訪問者ができるかぎり JavaScript を有効にしてくれるとよいと思っています!

Google Chrome

  1. お使いのコンピューターの電源をオンにして、Google Chrome ブラウザを開きます。 
  2. Chrome タブ右端上のメニューアイコンをタップします。
  3. ドロップダウンから[Settings]を選択します。 
  4. [Settings]ウィンドウの左サイドバーから[Privacy and settings]を選択します。
  5. [Privacy and Security]で、[Site Settings]をタップします。 
  6. JavaScript を選択します。
  7. [Allowed(推奨)]をオンにします。これで完了です!

Internet Explorer

  • Internet Explorer ブラウザを起動して、ウインドウを開きます。
  • [Tools]をクリックします – 通常はメニューバーの最上部にあります。その後、表示されたオプションリストから「インターネットオプション」を選択します。また、「Alt Key」を押して、すぐに探すことができます。
  • [Security Tab]をクリックします。
  • [Custom Level]ボタンをタップします。
  • 「Scripting」の見出しが見えるまで、ページ下部までスクロールダウンし続けます。
  • 「Active Scripting」を選択して JavaScript をオンにします。
  • [OK]をクリックします。 
  • ブラウザを最新状態に更新します。

Microsoft Edge

  1. Microsoft Edge ブラウザを開きます。
  2. 右端の three-dot アイコンをクリックして、メニュータブを開きます。
  3. メニュータブの[Settings]アイテムを選択します。
  4. 次に、左側の設定ペインで[Site permissions]をクリックします。
  5. 「JavaScript」を選択します。
  6. [Allowed(recommended)]をオンにします。

Mozilla Firefox

  1. Mozilla Firefox ブラウザを起動して、ウインドウを開きます。
  2. アドレスバーに「about:config」と入力し、Enter を押します。
  3. 警告メッセージ下の[Accept the Risk and Continue]ボタンをクリックして、環境設定検索ボックスページに移動します。
  4. ここで、環境設定検索ボックスに「javascript.enabled」を入力します。
  5. 検索結果の「javascript.enabled」ラベルの付いたオプションを探し、JavaScript に切り替えます。
  6. ブラウザを最新状態に更新します。

Opera

  1. Opera ブラウザを起動します。
  2. [Easy Setup]メニューを開きます。
  3. Easy Setup メニュー下部にスクロールダウンして[Go to browser settings]を選択します。
  4. 次に、スクロールダウンして[サイト設定]オプションを探し、クリックします。
  5. [Site Settings]で、JavaScript が表示されたオプションを探し、選択します。
  6. [Allowed(recommended)]スイッチに切り替え、JavaScript を有効にします。有効になったら、青色に変わります。
  7. おめでとうございます。これで JavaScript は有効になりました。

Apple Safari

  1. お使いのデバイスの[ツール]セクションに移動します。
  2. [Preferences]を選択します。
  3. Security アイコンをタップします。
  4. チェックボックスにチェックを入れ、「JavaScript を有効」にします。
  5. ブラウザを再起動します。

このWebサイトについて

JavaScript とは何ですか?

JavaScript は、ウェブページへのすべての種類の動的インタラクションを作成および追加するのに主に使用する「クライアントサイド」スクリプト言語です。技術業界での急速な進化にともない、JavaScript は、現代のウェブ開発の要となりました。

従来型のソフトウェアデザイン言語での動作性に優れ、他とは異なる特異な機能が搭載されています。CSS と HTML はウェブページにスタイルと構造を加える言語ですが、JavaScript はウェブページに、ユーザー体験を強化できるインタラクティブエレメントを加えます。

その結果、閲覧セッション中にウェブページをリロードすることなく、お使いのデバイスで何かが変更される、またはポップアップされるのですか?はい。それが JavaScript です。

今日、JavaScript は動作性に優れていることから、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefox、Opera、Internet Explorer、Microsoft Edge など、現代のウェブブラウザで使用されています。Android や iPhone などの人気のモバイル機器も、ネイティブで JavaScript ベースのブラウザとアプリケーションを実行できます。

JavaScript のしくみは、その優れた機能をみると、少し分かりやすくなるので、もう少しみてみましょう。

JavaScript の歴史

ウェブ開発での使用頻度がもっとも多いコードの1つが作成された時期で、確認できるのは、25年前です。インターネットの登場により、JavaScript は予想もできなかった地位を得ました。JavaScript はそのリリース以来、強力なプログラミング言語としてその地位を強化しただけではなく、現代のウェブ開発において、これまでにはない新しい分野へと使用が広がりました。

Scheme、Java と Self の刺激を受けた JavaScript は1995年、ブレンダン・アイチ(Brendan Eich)の Netscape Communications 勤務時代に開発されました。1990年代、Netscape Communications ブラウザ – Netscape Navigator – を通じてインターネットでその大きな存在感を示していました。このブラウザは当時、最初のメインストリームウェブブラウザである Mosaic ブラウザとして広く使用されていました。  

Netscape Communications はマーク・アンドレッセン(Marc Andreessen) と共同で設立。同氏は1993年に Mosaic ブラウザプロジェクトに取り組んだイリノイ大学の開発者チームの1人でした。ウェブ人気が高まる中で、技術企業は競って、インターネット上のもっとも効率のよりブラウザの開発に鎬を削りました。

Microsoft はその風に乗り、Netscape のインターネットを制覇する競争に向けた入札で Internet Explorer プロジェクトを始動。これがブラウザの市場シェア優位を得ようとする、Microsoft と Netscape とのブラウザをめぐる熾烈な戦争の火種となります。

その当時、ウェブ開発者は、ウェブページに動的機能を作成または加えるためのスクリプト言語を求めました。両社は最初、Java に目をつけますが、最終的には、ユーザー体験を向上させるには、さらにフレキシブルなものが必要であることに気づきます。

Netscape はこれに気づき、ウェブ開発者がウェブページ上にインタラクティブ機能を加えることができる軽量スクリプト言語を目指します。重要なのは時です。このとき、JavaScript の父の姿が現れたのです。

1995年、ブレンダン・アイチ(Brendan Eich)は Netscape と契約し、Netscape Navigator 2.0 ブラウザのリリースに向けた動的言語を作成および実装しました。このプロジェクトはアイチ(Eich)にとって急を要する課題でした。しかし、アイチ(Eich)は、これが情熱を傾ける仕事のチャンスだと捉え、Netscape とチームを組みます。この中で、軽量スクリプト言語の発想が生まれたのです。アイチ(Eich)により Mocha と命名されましたが、のちに Live Script に改名されています。10日と経たないうち、機能プロトタイプがアイチ(Eich)により開発され、Netscape Navigator 2.0 Beta ブラウザでの実装準備が完了しました。

ブラウザの市場シェアで優位を維持する入札で、Netscape は、Java と称するプログラミング言語の開発者 Sun Microsystems と業務連携に合意します。この連携により、Sun Microsystems は Netscape Navigator をウェブ配信プラットフォームとして利用し Java を Java コミュニティで利用できるようになったことになります。  

約1年後の1996年、Live Script は、Java コミュニティで使用されやすいようにするマーケティング戦略の一環として、最終的に JavaScript と名称が変更されます。JavaScript は、Netscape Navigator 2.0 ブラウザではマイナーなクライアントサイドプロジェクト用のスクリプト言語として登場しましたが、Java は、優れたウェブソリューション開発の特殊ツールとしての実力が実証されます。  

これに続き、Microsoft は JavaScript のリバースエンジニアリングにより、 Internet Explorer 3 向けのカスタムバージョンを開発。Java ブランド保有者であり、Netscape にライセンス付与した Sun Microsystems Netscape.との間で法的問題を避けるため、これは JScript と命名されます。 

開発者以外にはクリーンでフレキシブル、そして利用しやすい JavaScript (および JScript) は異常な人気を博し、ウェブページがインタラクティブで、しかもダイナミックになります。

残念ながら、バリアエントリが低いため、両者とも評価は悪いものでした。すなわち、利用者は実際の操作には無知でも、コードスニペットを書き込むことができたということです。加えて、JavaScript は体験を向上させるどころか、逆に人をイラつかせる用途 (ポップアップ広告、ブラウザスニッフィングなど) によく使用されます。

この問題への対応として優れたレスポンスが ECMA 標準化という形で登場します。Netscape と Sun Microsystems は JavaScript を同標準を主催する ECMA International で標準化するための書類を提出。標準化は、新しい言語にとって、大きな一歩であり、きっかけでした。

この結果、JavaScript はその利用の裾野をより多くの人たちに広げ、開発者はスクリプト言語の進化に発言権を得ました。標準化は、コードをマイナスの理由で使用する人をチェックする目的にも役立ちました。Sun の Java 商標の侵害を避けるため、ECMA 委員会は、標準化言語 ECMAScript との命名を決定。  

この結果、誤解が拡大しましたが、最終的に ECMAScript は仕様を示すために使用され、また JavaScript は今日、スクリプト言語を示すために使用されました(今でも使用されています)。

JavaScript は何のために使用されますか?

JavaScript の使用方法は、発行以来、長年月を経て変化してきました。現段階で、10日で開発されたスクリプト言語がどのようにインターネットを完全に変えるまでになったかが不思議でしょう。その経緯は次のようなものです。

ダイナミックウェブページ

JavaScript は、ウェブページへの過渡的エレメントや機能など、ダイナミックなインタラクションを加えるのに使用します。これにより、ユーザーは、時間をかけてウェブページを最新に更新する必要もなく、新しい画像やオブジェクトを読み込むことができます。

ウェブとモバイルアプリ開発

JavaScript のもっとも優れた点の1つは、クロスプラットフォームウェブとモバイルアプリケーションの構築に利用可能な幅広いライブラリとフレームワークが含まれることです。

ゲーム開発

JavaScript は、ウェブベースのゲームを構築することもできます。2D または 3D ゲームの制作に利用できるライブラリやフレームワークが含まれます。

サーバーベースのソリューション

ウェブサイトおよびアプリ開発以外でも、開発者は JavaScript を使用して、Node.js により安定したウェブサーバーやバックエンド開発を 構築。

JavaScript を有効にする利点

JavaScript をお使いのブラウザで有効にする利点は、インターネット上で特に優れた利用されていることでも示されているように、短所をはるかに凌駕するものです。JavaScript を有効にすることで得られるメリット:  

さらにインタラクティブなウェブサイト

動画やビデオ、広告バナーその他現代のウェブ体験のステープルなど、アクセスできるインタラクティブなウェブサイトとインターフェイスの数がさらに増えます。

スピードアップ

JavaScript はクライアントサイドスクリプトですので、サーバーリクエストを抑え、ウェブページ上でのユーザー操作性が加速されます。

サーバー負荷の軽減

JavaScript はクライアントサイドで作動するため、サーバーへの接続時間が短縮され、帯域幅と負荷の両方が省力できます。

JavaScript の制限

JavaScript ウェブページ挙動の向上やユーザーにとっての使いやすさの改良に使用できる方法はさまざまあり、また、JavaScript にできないことはほとんどありません。ここでは、JavaScript の制限についていくつかみてみましょう。

  1. JavaScript の最大の制限は、実装するための母体が1つしかないことです。
  2. JavaScript は、お使いのページソースまたは画像を保護できません。すなわち、お使いのウェブページ上の画像は、そのウェブページを閲覧しているユーザーのデバイスにダウンロードできるのみであるということです。
  3. JavaScript にはマルチプロセッサー機能がありません。そのため、メモリ制御を行いません。
  4. 最後に、JavaScript は、異なるドメインでホスティングされたウェブページにアクセスできません。異なるドメインのウェブページをユーザーは同時に閲覧できますが、1つのドメインウェブページで実行している JavaScript は、別のドメインのウェブページのデータにアクセスはできません。

JavaScript を無効にする方法

お使いのブラウザで JavaScript を有効にするには大きなメリットがあるため、ユーザーは、ある点で、セキュリティ上、一時無効にする場合があります。JavaScript は、特に Mozilla Firefox、Google Chrome、Opera、Safari、Microsoft Edge、および Internet Explorer など、ほとんどの最新ウェブブラウザで無効にすることができます。  

JavaScript をお使いのブラウザで無効に設定すると、以前は JavaScript を正式に無効にしたことになっていたか、デフォルトでは有効にはなっていませんでした。有効にしている場合、お使いのデバイスの優先ブラウザで JavaScript を無効にする方法をお読みください。

Google Chrome Google Chrome

  1. Google Chrome ブラウザを開きます。
  2. メニューアイコン(3ドット)ー通常はブラウザの右端にありますーヲクリックします。
  3. [Settings]をクリックします。 
  4. 左ウィンドウ画面から[Privacy and settings]項目をクリックします。
  5. プライバシーとセキュリティで、[Site Settings]ボタンをタップします。
  6. [JavaScript]を探してクリックし、[Allowed(recommended)]を無効にします。 
  7. これで完了です。

Internet Explorer Internet Explorer

  1. お使いのデバイスの Internet Explorer ブラウザを開きます。
  2. [Tools]を選択します – 通常は、ブラウザの右上端にあります。
  3. ポップアップ表示したドロップダウンメニューの[Internet Options]をクリックします。
  4. 次に、[Security]タブをタップします。
  5. [Security]カラムで、[Custom Level]ボタンをクリックして、もう1つのページを開きます。 
  6. 「Active Scripting」が表示されるまで、ページをスクロールダウンします。[Disable]をクリックします。
  7. ブラウザを再起動します。

Mozilla Firefox Mozilla Firefox

  1. Mozilla Firefox ブラウザを開きます。
  2. アドレスバーに「about:config」を入力し、[Enter]をクリックします。
  3. 画面にポップアップ表示されるリスク注意事項を承認します。
  4. 検索バーに「javascript.enabled」を入力し、表示されたオプションに切り替えます。
  5. 記録が成功したら、Firefox ブラウザでの JavaScript は正常に無効になっています。